家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン




岡山〜広島ぷち旅行@倉敷編(2011.9.29〜10.1)

※もうすっかりブロードバンド時代なので、今後はデカイ画像でUPする事にしたよ



友人H嬢広島に転勤になって1年、前々から「広島に遊びに来てよーう」と言われていて、自分も昔から広島には一度遊びに行きたいと思っていたのもあって、今回ようやく実現。

ただ広島に直行するのも芸がない、どうせだから学生時代からずっと憧れていた倉敷に立ち寄ってから広島に行けばいいジャマイカ♪と思って、初日は岡山で途中下車して倉敷に立ち寄る事に。
倉敷新幹線岡山駅から在来線に乗り換えて20分位。

今回、画像多いから文章少なめ&画像貼り付け絵日記風で行く!



倉敷駅、実はコレ帰りに撮影した

いわゆる「古い街並み」があるのは
コチラではなく反対の出口
そっちは着いた時に撮ったんだけど
・・・ハレーション起こして画像が×(トホホ)


ひとまず、憧れの「大原美術館」を目指す
通りを歩いていると・・・

「桃太郎JEANS」
岡山オリジナルメーカーかな?
レトロ風な看板がオシャレ♪

そういえば、国内のジーンズ生産量の
一位は岡山県だったな、と思い出す





大原美術館の場所が判らなくて
通り過ぎてしまった・・・
結局分館の入り口から入って
本館に辿り着いた

チケ売り場でカメラとカバンを
預けて身軽になって本館にGO

ちなみに、大原美術館の公式サイトにある
アンケートページに答えて印刷して
持っていくと、入館料が200円割引になります

私はちゃっかり印刷して持って行ったワ^^
コチラが大原美術館・本館入口
パンフと同じアングル(だと思う)


本館もいいけど、意外に東洋・工芸館が
面白かった。美術品もさることながら
建物自体がとてもステキ♪
 
 
  モネの睡蓮が咲いていました

コレ、本当にフランスのモネの庭から
貰ったほんまもんの「モネの睡蓮」なんだってさ

そして大原美術館はモネの睡蓮シリーズの一枚を
所蔵していますよ。もちろん観賞しました♪
 
 思いの外工芸館で時間を掛けてしまい、
ちょっと疲れてしまいました・・・^^;

右画像は分館前の庭園

分館は近代〜現代美術が中心
正直言ってあまり理解出来ない世界観多し><


東洋・工芸館に棟方志功の大版画が美術館隣の
倉敷国際ホテルのロビーに展示されていると
書いてあったので、分館から出て隣のホテルに
見に行ってみた

・・・撮影したかったんだけど、めっちゃフロントの
真正面に展示されてて恥ずかし過ぎて断念(涙)
 





ホテルを出て、また大原美術館の敷地を抜けて
倉敷の美観地区側に出た


この船は・・・撮影用ネタなのか!?


と思ったら、観光客でした^^;
観光客までも美観の中に取り込もうという事ですか
なかなか倉敷、やるぢゃねーかw




一人だから土産物屋を見るのもなんだかな〜
と思って、なんとなく横目で見ながら通り過ぎる


やけに陶磁器の店が多いな、と思っていたら
そうか、岡山県は備前焼で有名だったな、と。
案外岡山って色んな名産品がありますよね
プラプラ歩いて「倉敷アイビースクエア」に来た

ここに来た目的は大原美術館の別館
「児島虎次郎記念館」

正直、児島虎次郎ってほとんど知らなかったけど
なかなかステキな絵を描く方でした♪
そして児島氏が趣味で集めた中東系の遺跡物
(ペルシャ〜エジプト中心)の展示もあった

そりゃ、カイロ博物館の方がうんといいものが
見れる訳だが、それを日本に持ち込もうと当時
思った児島氏の心意気がステキだと思うよ、うん





倉敷アイビースクエアを出て、真裏の道を行くと

「いがらしゆみこ美術館」

実はココも今回倉敷に来たかった理由の1つ
大原美術館とセットで絶対にココには来ようと
ずーっとずーっと思ってたんだ♪^^
 
 
館内、大音量で延々「キャンディ・キャンディ」の
主題歌や挿入歌が流されている

が、

ま、知ってる人は知ってると思うけど
原作者との著作権料問題で訴訟沙汰になって
キャンディ・キャンディの絵は永久封印になった訳で

音楽は流れていてもキャンディの姿なし(涙)

建物は1Fが土産物屋とコスプレ撮影スタジオ
(キャンディの衣装を着て撮影が出来る!)
そして2Fは原画の展示が中心

友達に土産にここのオリジナルの飴を買った
「キャンディ・キャンディだけにぃ〜♪」と言って
渡したら結構ウケたw





憧れの「いがらしゆみこ美術館」は想像した通り
キャンディ・キャンディの絵の展示がないので
微妙〜にしょっぱい感じだった^^;

でも行けてよかった♪


さて、また街並み散策に戻ろう
何かこういう建物を眺めながら歩いていると
何とも言えない・・・デジャブのような?

ん、飛騨高山と雰囲気被るな
てか、日本の美観地区なんてみんな
こんな感じなのか。まあそうだよなw
← 中国銀行の支店の建物

ステンドグラスの飾り窓とか付いてる!
オッシャレー♪こういう建物好きだなぁ〜





グルッと一周して大原美術館の前に
戻ってきました

美観地区は川沿いとその周辺の一部だけで
後はごくフツーの街なんですよね
ま、そういうトコロも飛騨高山に似てるw



川に何故か白鳥が!?

こ、これはいくらなんでもネタに飼ってるんだろw
この時期白鳥が普通にこの地域に飛来してる訳ないもんな
   「さかなのエサ」というのがアチコチに売られていて
川に住んでいる鯉にエサをやる事も出来る

子連れでもこの界隈は歩くと楽しいだろうな




さて、そろそろいい時間だし広島に移動するか
・・・と思って駅方面に向かって歩き出す

行きとは違う道で帰ろうと思って歩いていると
何やら由緒正しそうな神社を発見

あ、しまった!
また「御朱印帳」持って来るの忘れた><
毎回、毎回何か忘れるんだよなーくそー

御朱印帳を忘れた事で急激にテンションダウン
神社の中も見て回ろうと思ったんだが
急きょ取りやめてそのまますごすご歩き出す
帰りはアーケード商店街を抜けて
駅まで戻る事にしよう!

美観地区から駅のすぐ近くまである、
結構長いアーケード商店街だった
雨の日はココを通ればいいわネ





 倉敷駅に戻って来た
コンコースの反対側に抜けたらこんな立派な
時計塔がロータリーに鎮座していた

ああ、そういえばココってチボリ公園があって
更に潰れたんだったっけ・・・その残骸なのか?^^;

倉敷、ずーっとずーっと憧れてたけど
正直、一度行けば満足かなw
まあ予想は付いてたけどね

でも大原美術館といがらしゆみこ美術館には
行けて本当によかった!


「岡山〜広島ぷち旅行@尾道編」につづく
 





【恒例・おまけ画像】


広島焼@ねぎだく

H嬢が地元のお知り合いに教えて
もらった激ウマー!な広島焼屋
追加トッピングでネギを注文して
「ねぎだく仕様」にするのが
地元流なんだそうだ

大変おいしゅうございました!




Travel TOP