FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
恋活


2000年5月27日〜6月1日
かなり長いが気合を入れて読んで欲しい!(笑)

【第1日目】5月27日


昨年4月に初めてバリ島に行ってすっかりハマッたぴよ母子、昨年行けなかったぴよパパを加え今年はぴよ、ぴよママ、ぴよパパの3人でバリ島へ行く事になった。
名古屋空港11時30分発ガルーダ・インドネシア889便に乗って一路南国バリ島へ♪
名古屋-バリ間は約7時間の空の旅。
今日は移動で1日終わってしまう。

    名古屋空港にて。     

機内食マニアなのでとりあえず撮影。
何故かいつも「ウナギ丼」
ま、乗った事ある人ならわかると思うけど、とても食えたもんじゃありません。
ちなみに成田発も機内食はウナギなんだとか。
このウナギはゴムで出来ているんじゃないだろーか・・と思う程の一品です。
これが食べたくない人は空港で何か食べ物を調達しておく事をオススメします。
どーしていつも同じメニュー・・・(^-^;

バリ
の空港に着くと、お香の匂いのよーな花の匂いのよーな独特な匂いが鼻に着くと思うよ。
この匂いに最初は戸惑うけど、その内気にならなくなるでしょう。
まずこの匂いでバリがダメになっちゃうか好きになれるかが決まる!(かもしれない?笑)

空港に着いたらまず気を付けたいのがポーター。こいつが空港の職員のよーな顔をしてるが実は食わせモノで、スーツケースを運んで法外なチップを要求しようとする
輩達なので、絶対にトランクや手荷物を触らせないよーに注意しよう。

とりあえず空港内にある両替屋で1万円分両替。両替も空港は町の両替屋よりもレートが少し悪いのだが、ここはインチキされないのでとりあえずバリ初心者はここで両替しておくのが得策。
(町の両替屋はレートは断然いいのだが、巧みにお金を抜き取って逆に大損してしまう事もあるのでかなり注意が必要。)

今回のバリのお宿はクタ・レギャン地区にあるバリ・パドマホテル
クタの喧騒からは少し離れた海沿いのホテルで買い物にも観光にも便利な場所にあるし、ヌサドゥアほど洗練されていないところがバリらしくてかなり気に入ってます。
あとここのいい所はプールが広い
ここの辺りのホテルには珍しく45mくらい幅があります。ただ、水深がかなり深い(1.5m)ので子供連れの人は注意しよう。
ホテルロビーにて(左が筆者)

さて、着いた日は疲れている事もあるので、ホテルの近くにあるシーフードレストランに夕食を簡単に食べに行く。
そこのお店の店員の兄ちゃん(自称レニー君。本名かどうかは定かではない。笑)にしつこく市内観光させてくれとセールスされ、1日だけウブドゥに行く予定があったので交渉の末1日3千円でタクシーを頼む。(3千円が相場かどうかは不明)

     バリではとりあえず値段交渉をしよう!大概みんな思いっきりぼったくって
        来るので
言い値で買ったりしてはいけない! 
        絶対に!マジで絶対に!(笑)


翌日は午後からオプショナルツアーを頼んであるので、今夜はムダにお金を使わないよーに、そのまま大人しくホテルに戻って寝る事に・・・。



Travelトップ 次ページ


 HOME